保健科学研究科 理学療法学・作業療法学専攻 修士課程(2024年4月開設)

  • ホーム > 
  • 保健科学研究科 理学療法学・作業療法学専攻 修士課程(2024年4月開設)

保健科学研究科 理学療法学・作業療法学専攻 修士課程

これまでの大学院(通信制)保健科学研究科の理学療法と作業療法の学問領域を統合し、保健科学の基礎から応用まで学び、心身機能障害や生活機能障害に関する研究課題を解決できる知識と技術を修得します。理学療法学・作業療法学に関する高度な教育研究ができるようになる教育課程を編成し、理学療法と作業療法それぞれの多様化と高度化を支える学術的発展を担う人材を養成します。

教育目標

本研究科では、保健科学の基礎から応用まで学び、心身機能障害や生活機能障害に関する研究課題を解決できる知識と技術を修得し、理学療法学・作業療法学に関する高度な教育研究ができるようになる教育課程を編成しています。

研究科の特色

特色1
通信制で「修士(保健学)」を修得可能
特色2
仕事と両立できる大学院教育の提供
特色3
指導的役割を担う高度専門職としての理学療法士・作業療法士の養成
特色4
理学療法士作業療法士学校養成施設指定規則の専任教員要件に対応したカリキュラム

設置概要

研究科名 保健科学研究科
専攻名 理学療法学・作業療法学専攻
課程 修士課程
募集定員 15名(収容定員30名)
修業年限 2年
学位 修士(保健学)
備考 出願資格に加えて理学療法または作業療法の実務経験が3年以上必要になります。

カリキュラム

  授業科目名 授業
形態
配当年次 単位数 必修選択
必修科目 保健科学研究法 T 1 2
保健科学研究法特論 T 1 2
保健科学研究法演習 S 1 2
選択科目 臨床保健科学特論 T 1・2 4
地域保健科学特論 T 1・2 4
教育方法技術特論 T 1・2 4
専門選択科目 心身機能障害援助特論 T 1~2 8
心身機能障害援助特論演習 S 1~2 2
生活機能障害援助特論 T 1~2 8
生活機能障害援助特論演習 S 1~2 2
総合科目 特別研究 TS 1~2 10

T=印刷授業科目 S=面接授業科目 TS=印刷授業と面接授業の複合科目
◎=必修授業科目  ○=選択授業科目

修了要件

必修科目3科目6単位、選択科目1科目4単位以上、専門選択科目2科目10単位、総合科目1科目10単位、合計30単位以上を修得し、かつ必要な研究指導を受けた上で、当該大学院の行う修士論文の審査及び最終試験に合格すること。

修士論文指導担当教員(予定)

職名 教員氏名 研究指導 専門・研究分野
教授 岩田 美幸
いわた みゆき
研究指導:○ 作業療法教育
教授 河村 顕治
かわむら けんじ
研究指導:○ CKCによる変形性膝関節症の運動療法の研究、CKC のバイオメカニクス研究、3次元動作解析と筋張力シミュレーション解析、ファインワイヤー針筋電図を用いた動作筋電図解析、筋電気刺激を利用した生活習慣病改善のための研究
教授 京極 真
きょうごく まこと
研究指導:○ 信念対立解明アプローチとOBP2.0 に関する基礎・応用研究
教授 髙橋 淳
たかはし あつし
研究指導:○ 内科学、血液・腫瘍内科学、腫瘍生物学、細胞生物学、感染症疫学、免疫学
教授 中嶋 正明
なかじま まさあき
研究指導:○ 物理療法、運動学
教授 原田 和宏
はらだ かずひろ
研究指導:○ 脳卒中慢性期等の機能予後の検証および理学療法の効果検証、観察型の歩行動態評価、リハの有限人的リソースからアウトカム最大化を得る臨床試験、地域高齢者の健康度アウトカムの創出
教授 樋口 博之
ひぐち ひろゆき
研究指導:○ エネルギー消費量の簡易測定法と精度に関する研究
教授 森 芳史
もり よしふみ
研究指導:○ 関節軟骨の発生・維持
准教授 井上 茂樹
いのうえ しげき
研究指導:○ ヒトの生存と寿命に関わる環境要因について、足部環境の違いが歩行に及ぼす影響について
准教授 井上 優
いのうえ ゆう
研究指導:○ 介護予防、転倒予防、フレイル・ロコモ予防、臨床疫学、健康増進
准教授 狩長 弘親
かりなが ひろちか
研究指導:○ 遂行機能障害の評価に関する研究、高次脳機能障害者の社会生活支援
講師 熊岸 加苗
くまぎし かなえ

(研究指導補助)
研究指導:○(研究指導補助)
変形性膝関節症におけるメカニカルストレスが関節軟骨に及ぼす影響について(運動学的・分子生物学的解析)
講師 寺岡 睦
てらおか むつみ
研究指導:○ 作業機能障害、信念対立解明アプローチ、OBP2.0、作業科学、作業療法理論
講師 三宅 優紀
みやけ ゆき
研究指導:○ 作業療法学、園芸療法、園芸福祉、予防医学、スポーツ科学
講師 山本 倫子
やまもと ともこ

(研究指導補助)
研究指導:○(研究指導補助)
精神障害リハビリテ-ションに関する研究、勤労者の労働形態に関する研究

※教員氏名をクリックするとresearchmap(研究者情報データベース)へジャンプします。

スクーリング日程・会場(2024年度予定)

日付 1年次生 会場
8月16日(金)
8月17日(土)
8月18日(日)
保健科学研究法演習
特別研究
吉備国際大学 高梁キャンパス
11月1日(金)
11月2日(土)
11月3日(日)
保健科学研究法演習
心身機能障害援助特論演習
生活機能障害援助特論演習
特別研究
吉備国際大学 高梁キャンパス
1月24日(金)
1月25日(土)
1月26日(日)
心身機能障害援助特論演習
生活機能障害援助特論演習
特別研究
吉備国際大学 高梁キャンパス

※印刷授業の科目修了試験は、冬期スクーリング期間を利用して行う予定です。

入試案内

出願資格

理学療法または作業療法の実務経験が3年以上ある者で、次のいずれかに該当する者。

  1. 学校教育法第83条に定める大学を卒業した者
  2. 学校教育法第104条第7項の規定により学士の学位を授与された者
  3. 外国において、学校教育における16年の課程を修了した者
  4. 文部科学大臣の指定した者
  5. 外国の学校が行う通信教育を我が国において履修することにより当該国の16年の課程を修了した者
  6. 我が国において、外国の大学相当として指定した外国の学校の課程(文部科学大臣指定外国大学日本校)を修了した者
  7. 大学に3年以上在学し、又は外国において、学校教育における15年の課程を修了し、大学における所定の単位を優れた成績をもって修得したものと本大学院が認めた者
  8. 専門学校の専門課程(修業年限が4年以上であることとその他の文部科学大臣が定める基準を満たす者に限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者
  9. 本大学院において、個別の入学資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、22歳に達した者

※上記7、9により出願を願い出る方は、事前に入試広報室(TEL 086-231-3600)に問い合わせを行ってください。
※上記9により出願を願い出る方は、こちらをご覧ください。

出願書類等

  1. 入学志願票・受験票等(本学所定様式)
  2. 成績証明書(厳封したもの)
  3. 卒業(見込)証明書
  4. 卒業論文概要、またはそれに相当するもの
    ※卒業論文を作成していない場合は、その旨を任意の用紙に記入して提出
  5. 研究計画書(本学所定様式)
  6. 理学療法士または作業療法士の国家資格免許証の写し
  7. 同意書(本学所定用紙)
  8. 健康診断書(任意の医療機関様式で可)
    ※検診例(身長、体重、視力、聴力、尿検査、X線検査、診察所見など)
    ※入試日から1年以内に受診された健康診断書(原本)の提出も可
  9. 返信用宛名シール(本学所定様式)
  10. 入学検定料30,000円(本学所定の振込依頼票により銀行振込)

出願方法・出願先

1.出願方法

出願書類一式を「書留速達」で郵送してください。出願書類受付完了後、受験票を送付します。

※受験上及び修学上、特別な配慮が必要となる場合には、事前に入試広報室(TEL 086-231-3600)へお問い合わせください。

2.出願先

〒700-0022 岡山県岡山市北区岩田町2-5
吉備国際大学 入試広報室

※学生募集要項に同封されている「大学院(通信制)願書在中」封筒をご使用ください。

募集日程

入試区分 Ⅰ期入試 Ⅱ期入試 Ⅲ期入試
出願受付期間 2023年11月2日(木)~11月16日(木) 2024年1月15日(月)~2月1日(木) 2024年2月5日(月)~2月21日(水)
入試日 2023年11月26日(日) 2024年2月11日(日) 2024年3月3日(日)
合格発表日 2023年12月6日(水) 2024年2月21日(水) 2024年3月13日(水)
入学手続締切日 一次 2023年12月14日(木) 2024年3月1日(金)
二次 2024年2月1日(木) 2024年3月21日(木) 2024年3月21日(木)

※ 一次入学手続:入学金納入、二次入学手続:前期授業料納入(ただしⅢ期入試については、入学金・前期授業料納入)

試験会場

岡山会場(吉備国際大学 岡山駅前キャンパス)・オンライン
※対面面接またはオンライン面接を選択

選考方法

書類審査(研究計画書等)及び面接

試験時間割

時間 内容
13:40~ 集合・受験上の注意
14:00~ 面接

合格発表・入学手続き

1.合格発表

合否結果については、本人宛に郵便で通知し、学内掲示による合格者発表は行いません。

※電話等による合否の問い合わせには応じらせません。

2.入学手続

合格者の方には、合格通知とともに「入学手続きの手引」を送付しますので、指定の期日までに手続きを完了してください。

※入学手続き期限を過ぎる場合や入学手続きを行わない方は、必ず入試広報室(TEL 086-231-3600)までご連絡ください

新入生オリエンテーション

通信制大学院に入学される方を対象に新入生オリエンテーションを実施しています。
このオリエンテーションでは、研究科による履修指導や指導教員の決定、事務手続きの説明などを行います。これから学修を進める上で、重要な内容となりますので、必ずご出席ください。

日時:
令和6年3月30日(土) 
13時~16時(予定) 受付12時30分
場所:
吉備国際大学 高梁キャンパス
(岡山県高梁市伊賀町8)

学生納付金

※開設中の保健科学研究科 理学療法学専攻および作業療法学専攻の学生納付金です。

項目 春学期(前期) 秋学期(後期) 合計
入学金 150,000円 150,000円
授業料 415,000円 415,000円 830,000円
合計 565,000円 415,000円 980,000円

※2年目以降は、入学金は不要です。

奨学金(日本学生支援機構)制度については、こちらをご覧ください。
順正学園提携学費ローンについては、こちらをご覧ください。

学び方

通信教育の学修方法はテキストを使った自宅学修(テキスト科目)が中心ですが、教員との直接対面により学修を行うスクーリング科目、テキスト科目とスクーリング科目の併用のテキスト・スクーリング科目の3つの学修方法があります。

テキスト科目

テキスト科目

テキスト学習

担当教員が選定したテキスト・参考文献等を使用して自学自習を行い、生じた疑問、質問事項、確認事項等は、担当教員に電子メール等を通じて問い合わせ、指導を受けます。
レポートの作成が行なえる程度の自学自習ができたならば、レポートを作成します。

レポート提出(修士課程:原則3回)

作成したレポートは、科目担当教員の指導を受けた後、レポート提出期限までにweb学修支援システムから提出します。
レポート返却後には、科目担当教員からの指導に応じて再度自学自習を行います。
同様の方法で第2回、第3回とレポートを提出します。

科目修了試験

科目修了試験を受験するためには、修士課程では3回のレポート課題すべてに合格する必要があります。
科目修了試験は、冬期スクーリングを利用して筆記試験・口頭試問などにより実施します。

スクーリング科目(面接授業)

担当教員と直接対面により学修を進めていき、日ごろの疑問点や確認事項等を含めてその場で質問することが可能です。
原則として、スクーリング時における内容理解、科目修了試験の結果等により、総合的に学修評価を行います。
スクーリング日程・会場につきましては、「スクーリング日程」をご覧ください。

テキスト・スクーリング科目(TS科目)

印刷授業と面接授業の両方を行う科目です。印刷授業で年間を通して学修を進めながら、印刷授業で理解を深めていきます。なお、本科目は、印刷授業と面接授業の両方の課題をクリアすることで単位認定されます。

出願に際して

出願前に研究指導を希望する教員・研究テーマについて、以下のWEB入学相談から事前相談をお願いいたします。
また、大学院の入学試験出願に際して、個別の資格審査を希望する方も早めにご相談ください。

※研究指導教員の専門分野・研究テーマ等については、研究科ホームページ「教員一覧」をご覧ください。

学生募集要項

お問い合わせ先

吉備国際大学 通信教育事務課
TEL:0866-22-9191  E-mail:tsushin@kiui.ac.jp

このページのトップへ